アクティ部

twitter

BLOGカテゴリ&サーチ

Humming bird acoustic live vol.3 1部 親子の会(1)

謎の右腕の筋肉痛と、





左手の指二本にネイルカラーが無いことへの恐怖におびえながらですが、


オリジナル表示








昨日の楽しかった一日


Humming bird acoustic live vol.3 を改めて振り返りたいと思います。











まず1部の親子の会。





大人でも体調管理が難しいこの季。


お風邪を引いてしまったり、お熱を出してしまったりと、残念ながらキャンセルのご連絡が相次ぎ、ちびっ子のことがとっても心配だったキョンさんですが、「子どもがとっても楽しみにしていたんですが…」というママからのご伝言を胸に、これなかったみんなにもwakuwakuが届くように!張り切って参りましょう!!という事で、





まずは、絵本を一冊(紙芝居の大きさにしました)読み聞かせしました。








タイトルは、「たいせつなきみ」





オリジナル表示






エリという彫刻家によって彫られた「ウイミックス」というこびとたちが、


お互いに、成功すれば金の星印を、失敗すれば灰色の だめシールをくっつけ合っているところから始まります。


中でも、「パンチネロ」という名のウイミックスは、失敗を重ね、だめシールばかり貼られて完全に自信を失ってしまいました。


しかし、ある日、彼はルシアというどちらのシールも全く付いていないウイミックスに出会います。


彼は不思議に思い、その理由を尋ねると、ルシアは、彼らを作った彫刻家のエリの所に行って毎日話をすることが、シールが張り付かない秘訣であると


教えてくれました。


それで彼は恐る恐るエリの所を訪れました。


するとエリは、パンチネロを持ち上げて作業台に乗せて言いました。


「沢山だめシールを付けられたものだね。」


パンチネロはすかさず、


「僕は一生懸命やったんだ。だめシールを付けられるつもりじゃなかったんだ。」と弁解します。


するとエリは言いました。


「ああ、何もかも わかっているよ。 愛しい子。他の誰かがおまえのことをなんと思おうと構いはしないさ。だめシールを貼ったのは、おまえと同じウイミックスではないか。みんなが何と思うかなんて大したことはないんだ。問題は、私がどう思っているかなんだよ。そして私は、お前のことを、とても大切だと思っている。」


パンチネロは、その言葉を聞いてうれしくて言葉も出なかった。






自分のことを「 特別な存在 」と思ってくれる方に


出逢えた時、主人公パンネチロのダメシールは、


ぽろりと地面に落ちました。









オリジナル表示







というお話。








調べたところによると、作者のマックス・ルケードはベストセラー作家で、同時に彼は、テキサス州アントニオにある教会の牧師なんだそうです。





で、エリというのはヘブライ語で「神様」という意味なんだとか。





キョンさんはとりわけクリスチャンという訳ではないですが、とっても心に響いた絵本でした。





人は、他人から良く評価され過ぎても、その逆でも、自分を見失うってしまうことがありますよね。





キョンさん自身も、「どう思われるか」を基準に自分の物差しでいろいろ測って生きていた頃がありました。


「怒られやしないか、嫌われやしないか、バカにされやしないか…」


疲れるんですよね。本当に。





そしてキョンさんも、素敵な人たちとの出会いによって「いい(良い)加減に適当な性格」になれたので、とっても生きやすくなりました。





そんな事を思い出せる絵本だったので、今回のHumming bird の森のテーマ





「ありのまま」にぴったりだと思い、朗読しました。








声のパターンの引き出しが少ないのが、反省点です(笑)










この絵本を本屋さんで見つけた時、とっても胸が締め付けられるような気持ちになりました。




ちびっ子達にはまだ早いかな?という絵本ですが、絵がとてもかわいらしいので。


パパやママ達には、どんなふうに伝わったかな?







オリジナル表示









キョンさんお手製紙芝居

ぴーちくさんとぱーちくさんのHumming bird の森大冒険

オリジナル表示 


はじまり はじまり ~





やかまし村の小さな街に、ぴーちくさんとぱーちくさんという、


愉快な二人が暮らしています。




今日も朝早くに起きて、パパやママのお手伝いを終わらせた二人は、お外に出てこんな会話をしています。

オリジナル表示

あ~今日はいいお天気だね!!」「本当だ いいお天気だね~


鳥さんが鳴いているね!」「本当だ 鳥さんが鳴いているね~


おさんぽにでも出かけてみようか」「おさんぽに出かけてみましょうか




 


ここでジブリの名曲 「さんぽ」をみんなで大合唱しました。


まだちびっ子達も恥ずかしがってはいましたが、一緒に歌ってくれてありがとう!!






歌いながら歩いて行くと2人は、どこからともなく鼻歌が聞こえてくる森、Humming birdの森にたどり着きました。






オリジナル表示 


あれ?




オリジナル表示 



あれれれれ?




あわてんぼうのサンタクロースが、


「いそがしい!あーいそがしい!」プレゼントを持って、あっちへうろうろこっちへうろうろ





ここで、サンタクロースさんから預かったプレゼントをちびっ子に配りました。


そうです。


キョンさんが夜な夜な準備していた キョン産 の、あれです




   Kyon official blog     『   アクティ部   』-101202_2239051.jpg 





カスタネット + ケロ太(カエル)= ケロタネット





前回の ヤクルトの容器にお米を入れた豚のマラカス=豚ッカスに続く、お手製楽器第二弾。





   Kyon official blog     『   アクティ部   』 border= 


カエル風のパウチしたパネルに、ボタンを二つつけて折り曲げてカチカチと音を鳴らします。





   Kyon official blog     『   アクティ部   』 border= 



作り方のお手紙も渡しました。





スタッフさんにサンタさんからのお使いをお願いして、渡してもらったのですが、受け取った時のみんなのあの表情が忘れられません。





みんなパパやママに作ってもらいながら、


ぴーちくさんとぱーちくさんの大冒険の続きを見て見ましょう






オリジナル表示 



あれ?山の音楽家達が、演奏会を開いています。


ちょっと覗いてみましょう。





ここで、「山の音楽家」という曲を歌いました。


ニャン先生のこ洒落たアレンジが陽気です。





この絵を描くのに苦戦したんです。


全く美術センスがゼロのキョンさんですから…






まず これだーれだ?



オリジナル表示




無事に「リス!!」と答えてもらってひと安心。


「何の楽器持ってる?」「バイオリンってこうやって弾くんだね」「ギターに似てるね?」「どんな音がするのかな?」


ちびっ子達と会話をしながら進めました。





「わたしゃ音楽家 山の子リス 上手にバイオリン弾いてみましょう!キュキュキュッキュッキュー キュキュキュッキュッキュー いかがです~」





オリジナル表示 


うさぎのピアノ







オリジナル表示 


小鳥のフルート



この流れで行くと、次は…









たぬきのはずなんですが…








オリジナル表示 


どう見ても くま Σ(・ω・ノ)ノ!








そうなんです。


どうしても、どうやっても、たぬきを描こうと努力したんですが、


くまに鳴ってしまうのです。


美的センスゼロですから…





で、今日のところろは、こぐま で勘弁してもらって


無事 山の音楽家達の演奏は無事終了。








山の音楽家達はとっても楽しそうに、自慢の楽器を演奏してくれました。


わー素敵だね」「本当に素敵だったね」2人がうっとりしていると、山の音楽家達が、ぴーちくさんとぱーちくさんに聞きました。





オリジナル表示
そんなに喜んでくれるなんてとっても光栄だよ。ところで2人はどんな楽器ができるんだい?











オリジナル表示 


ぴーちくさんとぱーちくさんは、一度考えましたが、両手をパンパンと叩いてこう言いました。




いつだって、どこでだって演奏できるよ!!








実はみんなも今、楽器を持っているんだよ。


手を叩いたり、足踏みしたりすると音がするよね?






これ、リズムっていいます。



音楽は、3つの大事なものから成り立っているのよ。








歌→メロディー、ギター→ハーモニー(伴奏)、パーカッション→リズム






さあ みんなも自分の体を使って、リズムの演奏者になってもようぜ!!








とい事で、「しあわせなら手を叩こう」で、リズム遊びをしました。







   Kyon official blog     『   アクティ部   』 border= 



手を叩こう


足ならそう


肩たたこう


おしり叩こう


あわわわわ(インディアンのように「あー」と言いながらお口を叩きます





なぜ子どもって、おしりとか、うんちとか好きなんですかね?





キョンさんも好きですが。








お子様特別ステージのミニカーペットの上で、みんなで一緒にリズム遊び!!











   Kyon official blog     『   アクティ部   』




つづく



    Humming bird acoustic live Vol.3 2010-12-07 13:15:55

    Humming bird acoustic live vol.3 1部 親子の会(2)

    山の音楽家達もこれにはびっくり!!



    ぴーちくさんぱーちくさん すばらしい演奏だったよ!ありがとう!







    音楽家達にさよならをして、ぴーちくさんとぱーちくさんは、どんどん森の奥へ進んでいきました。



    森の中はとっても気持ちが良く、目をつぶると鳥のさえずりや、水の流れる音が聞こえます。




    目をつぶてもらいます。





    パカパカさんの魔法のパーカッションで、鳥のさえずりや水の流れる音を奏でてもらいました。






    しばらく歩くと、二人はとても大きな湖にたどりつきました。



       Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  






       Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  






    わーきれいな湖!! 」「 わーきれいな湖!!」






    ん?!ぱーちくさんが目をまん丸くしてっぴーちくさんの顔を見ると





       Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  


    ぴーちくさんは ちがうちがう!ぼくじゃないよ!と首を横に振りました。

    おかしいな~


       Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  



    今度はぴーちくさんが大きな声で山に向かって叫んでみました。




    やっほー!! 」「 やっほー!!



    どうやら、山の向こうには、姿は決して現さない、まねっこ上手なやまびこさんが住んでいるようです。




    ここで 輪唱の有名曲 「おおくなうた」を歌いました



    大きな(大きな) 歌だよ(歌だよ)

    あの山の(あの山の) 向こうから(向こうから)

    聞こえて(聞こえて) くるだろ(くるだろ)

    大きな歌だよ


    元気のいいみんなの声に、ニャン先生のコーラスも響きます。




       Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  

    遠き山に日は落ちて を歌いました。


    ぴーちくさんとぱーちくさんがやまびこさんと遊んでいると、気がつけばあたりは真っ暗になっていました。


    どうしよう…電灯一つ無い森の中は真っ暗で、帰り道がわかりません。


    そうです。二人は迷子になってしまったのです





       Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  

    ぱーちくさん尋ねます「 ねぇ ぴーちくさん 持ってる?


    ぴーちくさんが泣きそうな声で答えます「 え?持ってるって何を?


    するとぱーちくさんが言いました。「 勇気だよ!!勇気があればきっとおうちに帰れるさ!

    勇気?持っているはずだけど、今日は奥の方に隠れているみたい…」



    だったら、勇気が心の奥の方からわき上がってくる歌を教えてあげるよ




       Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  

    勇気100% を歌いました。




    みんなもぴーちくさんの勇気が出てくるように 一緒に歌ってあげて!




    なーんて言ったら、意外や意外。



    パパママ達がフルコーラスで歌ってくれました(笑)



    忍たま乱太郎(!?)とういうアニメ(教育テレビ?)の夕方枠で流れるテーマソングなんだそうで、元祖は光GENJIの曲だというから驚きです。



    お父さんおかあさんも一緒に見ているんですね。






    そうだ!100%勇気!もう頑張るしかないさー!!

    この曲、とっても名曲だと思います。




    すごーい!!勇気がモリモリわいてきた!みんなも歌ってくれてありがとう!!

    ここで、本人(パペットマペット的な本物のぴーちくさんが登場)







       Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=



    二人は暗い森の道を歩き出しました。すると、暗い森の草むらに小さな、光を発見しました。「 なんだろう? 」「 なんだろうね?


       Kyon official blog     『   アクティ部   』  


       Kyon official blog     『   アクティ部   』  
    二人はその光を そーっと覗いてみると…


       Kyon official blog     『   アクティ部   』  

    小さなこびと達が、おまつりをしています。

    耳を澄まして見ると、こんなメロディーが聞こえてきました。

    ここで ちいさな世界 を歌いました。




    キョンさんも手話付きで歌います。


    ハミングバードスタッフさんのまっちゃんのカンペ手話を見ながら
       Kyon official blog     『   アクティ部   』  



    するとどうでしょう!!




       Kyon official blog     『   アクティ部   』 

    その小さな光はポワンと浮かび上がり、ふわりふわりと飛んでいきます。

    思わず二人は、「 待って~!! 」「 待ってよ~ 」と追いかけます



       Kyon official blog     『   アクティ部   』  

    光は、早くもなく、かといって捕まえられるほどの遅さでもなく、ふわりふわりと飛んでいきます。

    ぴーちくさんとぱーちくさんは夢中で光を追いかけていくと、


       Kyon official blog     『   アクティ部   』  

    あれ?? 」「 あれれれれ? 」見覚えのある景色です。

    そう。夢中であの光を追いかけているうちに、お家に帰って来れたのです。「 光が道案内をしてくれたんだ 」「 そうだ道案内をしてくれたんだね

    ありがとうを言わなくちゃと思っていると、

    「ぴーちくー!ぱーちく!」誰かが呼んでいる声が聞こえます。
       Kyon official blog     『   アクティ部   』  

    「パパ!ママ!おじいちゃん!おばあちゃん!」

    「心配していたんだよ どこへ行っていたの?」

    ねえねぇ聞いて!あのね!あのね! 」今日の出来事を話そうと、窓から外を指指して、あの光のを探すと、光はふんわりふわりとお庭の花壇に落ちて消えてしまいました。

    あれ? 」「 あれれれれ? 」 「 ねえねぇ聞いて!あのね!あのね!




    ここでオリジナル曲の SMILE~スミレ~ を歌いました。



    だからもっと話をしようよ ずっと一緒にいられるように

    君のこと知りたい 過去も未来もすべての事

    泣いたっていいよ 受け止めるよ全部ちゃんと

    温かい2人の大地にSMILEのタネが少しづつ芽を出し始めたよ


    という歌詞の曲。



    出来るだけ、毎日お子さんの「あのね、あのね」の言葉に耳を傾けて欲しい。今日の出来事、今の気持ちを寝る前に聞いてあげて欲しいという思いで歌いました。

    かなりの何様目線ですが…




    次の日、「 昨日は不思議な一日だったね 」「 本当だね不思議な一日だったね 2 人がお部屋のまどかお外の庭を見ると、花壇に大きな笑顔の木がきれいなお花を咲かせていましたとさ。おしまい!!


       Kyon official blog     『   アクティ部   』  

    という、キョンさんお手製の紙芝居。




    そして、新曲をご披露しました。


    子守歌を作りたいという思いがあり、作った曲です。








    Humming bird



    うれしかったね 楽しかったね おかしかったね 驚いたね

    明日ははもっと 今日よりずっと 笑顔が増える きっとそうなる

    ルルララル ハミングで歌えば

    ルルララル どんな空も晴れるだろう





    悔しかったね 悲しかったね さみしかったね えらかったね

    明日はきっと 今日の涙を乾かす風が きっと吹くはず

    ルルララル ハミングで歌えば

    ルルララル きれいな虹が架かるだろう



    不思議だったね 綺麗だったね おいしかったね 忘れないでね

    明日はきっと 今日よりもっと ワクワクする きっとそうなる

    ルルララル ハミングで歌えば

    ルルララル 思い出は色づくだろう





    不安だったね 怖かったね 苦しかったね がんばったね

    明日はきっと 今日より一歩 前に進める きっとそうなる

    ルルララル ハミングで歌えば

    ルルララル きっと君は笑うだろう



    ルルララル ハミングで歌えば

    ルルララル きっと明日は晴れるだろう



    みなさんには、どんな風に伝わったでしょうか。

    できるだけ、おこさんをだっこして、揺らしながら、とんとんしてあげながら聴いてもらいました。



    その流れで、


    その流れでもう1曲。

    Kiroroの 「未来へ」を歌いました。   Kyon official blog     『   アクティ部   』

    この曲も名曲ですよね。

    テンション高かった紙芝居からゆっくりクールダウンして終わります。



    と、こんな流れで一部の親子の会を終了しました。

    まだ1歳にもならないBabyちゃんから、小学生以下のちびっ子とパパママがいらしてくださいましたが、とても、キョンさんの方がパワーをもらい、そして心癒される時間となりました。

    ケロタネットをカチカチしてくれる姿。 ありゃ 天使だな。 間違いない。

    毎回毎回反省と、パパやママからのご意見ご感想がとっても勉強になります。 いつか、野外の野原でHumming birdライブをやるのが夢だな。

    遠くから、ちっびっこと一緒に足を運んでくださって、本当にありがとうございました!!





    二部へ続く。




    は-。

    長くなりましたが、読んでくださってありがとう(笑)


       Kyon official blog     『   アクティ部   』-101201_2235491.jpg  
    ケロ太様








       Kyon official blog     『   アクティ部   』  



      Humming bird acoustic live Vol.3 2010-12-06 13:25:40

      Humming bird acoustic live vol.3 1部 親子の会(2)

      山の音楽家達もこれにはびっくり!!



      ぴーちくさんぱーちくさん すばらしい演奏だったよ!ありがとう!







      音楽家達にさよならをして、ぴーちくさんとぱーちくさんは、どんどん森の奥へ進んでいきました。



      森の中はとっても気持ちが良く、目をつぶると鳥のさえずりや、水の流れる音が聞こえます。




      目をつぶてもらいます。





      パカパカさんの魔法のパーカッションで、鳥のさえずりや水の流れる音を奏でてもらいました。






      しばらく歩くと、二人はとても大きな湖にたどりつきました。



         Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  






         Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  






      わーきれいな湖!! 」「 わーきれいな湖!!」






      ん?!ぱーちくさんが目をまん丸くしてっぴーちくさんの顔を見ると





         Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  


      ぴーちくさんは ちがうちがう!ぼくじゃないよ!と首を横に振りました。

      おかしいな~


         Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  



      今度はぴーちくさんが大きな声で山に向かって叫んでみました。




      やっほー!! 」「 やっほー!!



      どうやら、山の向こうには、姿は決して現さない、まねっこ上手なやまびこさんが住んでいるようです。




      ここで 輪唱の有名曲 「おおくなうた」を歌いました



      大きな(大きな) 歌だよ(歌だよ)

      あの山の(あの山の) 向こうから(向こうから)

      聞こえて(聞こえて) くるだろ(くるだろ)

      大きな歌だよ


      元気のいいみんなの声に、ニャン先生のコーラスも響きます。




         Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  

      遠き山に日は落ちて を歌いました。


      ぴーちくさんとぱーちくさんがやまびこさんと遊んでいると、気がつけばあたりは真っ暗になっていました。


      どうしよう…電灯一つ無い森の中は真っ暗で、帰り道がわかりません。


      そうです。二人は迷子になってしまったのです





         Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  

      ぱーちくさん尋ねます「 ねぇ ぴーちくさん 持ってる?


      ぴーちくさんが泣きそうな声で答えます「 え?持ってるって何を?


      するとぱーちくさんが言いました。「 勇気だよ!!勇気があればきっとおうちに帰れるさ!

      勇気?持っているはずだけど、今日は奥の方に隠れているみたい…」



      だったら、勇気が心の奥の方からわき上がってくる歌を教えてあげるよ




         Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=  

      勇気100% を歌いました。




      みんなもぴーちくさんの勇気が出てくるように 一緒に歌ってあげて!




      なーんて言ったら、意外や意外。



      パパママ達がフルコーラスで歌ってくれました(笑)



      忍たま乱太郎(!?)とういうアニメ(教育テレビ?)の夕方枠で流れるテーマソングなんだそうで、元祖は光GENJIの曲だというから驚きです。



      お父さんおかあさんも一緒に見ているんですね。






      そうだ!100%勇気!もう頑張るしかないさー!!

      この曲、とっても名曲だと思います。




      すごーい!!勇気がモリモリわいてきた!みんなも歌ってくれてありがとう!!

      ここで、本人(パペットマペット的な本物のぴーちくさんが登場)







         Kyon official blog     『   アクティ部   』 border=



      二人は暗い森の道を歩き出しました。すると、暗い森の草むらに小さな、光を発見しました。「 なんだろう? 」「 なんだろうね?


         Kyon official blog     『   アクティ部   』  


         Kyon official blog     『   アクティ部   』  
      二人はその光を そーっと覗いてみると…


         Kyon official blog     『   アクティ部   』  

      小さなこびと達が、おまつりをしています。

      耳を澄まして見ると、こんなメロディーが聞こえてきました。

      ここで ちいさな世界 を歌いました。




      キョンさんも手話付きで歌います。


      ハミングバードスタッフさんのまっちゃんのカンペ手話を見ながら
         Kyon official blog     『   アクティ部   』  



      するとどうでしょう!!




         Kyon official blog     『   アクティ部   』 

      その小さな光はポワンと浮かび上がり、ふわりふわりと飛んでいきます。

      思わず二人は、「 待って~!! 」「 待ってよ~ 」と追いかけます



         Kyon official blog     『   アクティ部   』  

      光は、早くもなく、かといって捕まえられるほどの遅さでもなく、ふわりふわりと飛んでいきます。

      ぴーちくさんとぱーちくさんは夢中で光を追いかけていくと、


         Kyon official blog     『   アクティ部   』  

      あれ?? 」「 あれれれれ? 」見覚えのある景色です。

      そう。夢中であの光を追いかけているうちに、お家に帰って来れたのです。「 光が道案内をしてくれたんだ 」「 そうだ道案内をしてくれたんだね

      ありがとうを言わなくちゃと思っていると、

      「ぴーちくー!ぱーちく!」誰かが呼んでいる声が聞こえます。
         Kyon official blog     『   アクティ部   』  

      「パパ!ママ!おじいちゃん!おばあちゃん!」

      「心配していたんだよ どこへ行っていたの?」

      ねえねぇ聞いて!あのね!あのね! 」今日の出来事を話そうと、窓から外を指指して、あの光のを探すと、光はふんわりふわりとお庭の花壇に落ちて消えてしまいました。

      あれ? 」「 あれれれれ? 」 「 ねえねぇ聞いて!あのね!あのね!




      ここでオリジナル曲の SMILE~スミレ~ を歌いました。



      だからもっと話をしようよ ずっと一緒にいられるように

      君のこと知りたい 過去も未来もすべての事

      泣いたっていいよ 受け止めるよ全部ちゃんと

      温かい2人の大地にSMILEのタネが少しづつ芽を出し始めたよ


      という歌詞の曲。



      出来るだけ、毎日お子さんの「あのね、あのね」の言葉に耳を傾けて欲しい。今日の出来事、今の気持ちを寝る前に聞いてあげて欲しいという思いで歌いました。

      かなりの何様目線ですが…




      次の日、「 昨日は不思議な一日だったね 」「 本当だね不思議な一日だったね 2 人がお部屋のまどかお外の庭を見ると、花壇に大きな笑顔の木がきれいなお花を咲かせていましたとさ。おしまい!!


         Kyon official blog     『   アクティ部   』  

      という、キョンさんお手製の紙芝居。




      そして、新曲をご披露しました。


      子守歌を作りたいという思いがあり、作った曲です。








      Humming bird



      うれしかったね 楽しかったね おかしかったね 驚いたね

      明日ははもっと 今日よりずっと 笑顔が増える きっとそうなる

      ルルララル ハミングで歌えば

      ルルララル どんな空も晴れるだろう





      悔しかったね 悲しかったね さみしかったね えらかったね

      明日はきっと 今日の涙を乾かす風が きっと吹くはず

      ルルララル ハミングで歌えば

      ルルララル きれいな虹が架かるだろう



      不思議だったね 綺麗だったね おいしかったね 忘れないでね

      明日はきっと 今日よりもっと ワクワクする きっとそうなる

      ルルララル ハミングで歌えば

      ルルララル 思い出は色づくだろう





      不安だったね 怖かったね 苦しかったね がんばったね

      明日はきっと 今日より一歩 前に進める きっとそうなる

      ルルララル ハミングで歌えば

      ルルララル きっと君は笑うだろう



      ルルララル ハミングで歌えば

      ルルララル きっと明日は晴れるだろう



      みなさんには、どんな風に伝わったでしょうか。

      できるだけ、おこさんをだっこして、揺らしながら、とんとんしてあげながら聴いてもらいました。



      その流れで、


      その流れでもう1曲。

      Kiroroの 「未来へ」を歌いました。   Kyon official blog     『   アクティ部   』

      この曲も名曲ですよね。

      テンション高かった紙芝居からゆっくりクールダウンして終わります。



      と、こんな流れで一部の親子の会を終了しました。

      まだ1歳にもならないBabyちゃんから、小学生以下のちびっ子とパパママがいらしてくださいましたが、とても、キョンさんの方がパワーをもらい、そして心癒される時間となりました。

      ケロタネットをカチカチしてくれる姿。 ありゃ 天使だな。 間違いない。

      毎回毎回反省と、パパやママからのご意見ご感想がとっても勉強になります。 いつか、野外の野原でHumming birdライブをやるのが夢だな。

      遠くから、ちっびっこと一緒に足を運んでくださって、本当にありがとうございました!!





      二部へ続く。




      は-。

      長くなりましたが、読んでくださってありがとう(笑)


         Kyon official blog     『   アクティ部   』-101201_2235491.jpg  
      ケロ太様








         Kyon official blog     『   アクティ部   』  



        Humming bird acoustic live Vol.3 2010-12-06 13:25:40

        Humming bird acoustic live vol.3 2部 大人の部

        Humming bird acoustic live vol.3
        2部の大人の部を振り返ってみましょうか。


        2部が始る時間は、もうすっかり真っ暗なこの季節。


        カフェに入ってほっと一息。

        アルコールをご注文のお客様もちらほらいましたね。


        「ここに来ればだれかがいる」「ここへくれば会えるね」


        お客さん同士のそういう会話が聞こえるのが、キョンさんはとっても嬉しいです。


        キョンさんのファンになってほしいとは(笑)言いません。


        この森の居心地が気に入ってくれたら、幸せです。


        予想以上の盛況ップリで、直前にご予約をたくさんいただき、当日は、立ち見になってしまう有り様。(ステューパーちゃんたち、いつも気を使ってくれてありがとう)


        ちょっぴりキョンさんも緊張気味ですが、始めましょうか。



        まずは、1部でも紹介しました絵本の朗読から。



           Kyon official blog     『   アクティ部   』 



           Kyon official blog     『   アクティ部   』 
        どんどん皆さんの表情が柔らかくなっていくのを感じました。

        瞼の筋肉がゆるんでいくというか。


        だからキョンさんも、感情がとても入ってしまいました。


        気持は伝染するんですね。

        空気に乗って。

        ビンビンと。


        こんな風に感じてください とは決して思っていません。

        何をどう感じるかは人それぞれですし、ここは3年B組ではないので、教訓も有りません。




        だけど今回のHumming bird forestのテーマは「ありのまま」


        一曲目は、この曲にしました。




           Kyon official blog     『   アクティ部   』 


        ビートルズの Let it be


        vol.1からのアンケートでも、多かったビートルズの曲。


        その昔小学生のころ習っていたエレクトーン教室で、この曲をクリスマス会で発表することになり、必死で練習しました。

        が、もちろん習っているのはエレクトーンなので歌詞なんて知らないし、ましてや、この曲、童謡的な扱いの曲だと思っていたので、ミッキーマウスと同じくらい有名なアーティストが歌っているなんて知りませんでした。


        let it be あるがままに ありのままに ねっ。




        ご挨拶をして、一部はどんな内部をしたのかをお話ししました。


        まぁ、一生懸命作ったあの紙芝居を見せたかったというだけなのですが…(苦笑)


        その流れで、2部の皆さまにも、ケロタネットのプレゼント。



           Kyon official blog     『   アクティ部   』-101202_2239051.jpg 

        前回の豚ッカスは意外と好評だったので、調子に乗って今回も大人様にあえてのプレゼント。


        その日のテンポで。

        その時のテンションをリズムで鳴らして下さい。


        きっと、ワラワラした気持が、MYのペースに戻るはず。


        人は、ときどき馬鹿げた事をして、子供心を思い出したほうがいいんです。

        絶対に。


        絶対にね。



        オリジナル表示 



        さて。

        ケロタネットを手に 懐かしの名曲コーナーです。


        まずは、この曲。




           Kyon official blog     『   アクティ部   』 
        どんないいこと By SMAP


        聞いた事あるある!!

        なんか歌える!!

        そういうのって、テンションあがりますよね?


        ジャニーズ系にはなかなか名曲が多い。

        しかも、これ、森君がいる時代!?


        ケロタネットでリズム刻みやすいかな?と思いましての選曲。


        一緒に口ずさんでくださっている方々がちらほらで、キョンさんもほっと一安心。




        お次は、




           Kyon official blog     『   アクティ部   』 


        風の谷のナウシカ



        イントロを聞いて、「ぅおー」と小さな声で言って下さった方。

        お待たせいたしました。

        はずれの無いジブリコーナーです。


        この曲は最後までスタジオでニャン先生とパカパカさんが念入りにアレンジを考えてくれていました。

        あまり源曲から離れすぎず、でも森の雰囲気も取り入れつつ。



        続いて、ちょっと陽気さを持ちつつおと届けしたのは、




           Kyon official blog     『   アクティ部   』 


        やさしさに包まれたなら


        これも名曲ね。


        前回、ルージュの伝言をやったので、次回はこれやろうよと前回のライブの時からの選曲でした。






        キョンさんは、あまり日本語が上手では有りません。

        かといって、日本語以外は話せないのですが、


        だからでしょうか。

        日本語のきれいな唱歌に、とっても魅力を感じます。


        このHumming bird acoustic live には必ず、童謡や日本の唱歌、季節の歌を歌おうと決めています。


        今回の童謡、唱歌コーナーは、


        「冬景色」


        という曲を選びました。




        一、

        狭霧消ゆる湊江の
        舟に白し 朝の霜
        ただ水鳥の聲はして
        いまだ覺めず 岸の家

        二、
        烏鳴きて 木に高く
        人は畑に 麥を踏む
        げに小春日の のどけしや
        かへり咲きの花も見ゆ

        三、
        嵐吹きて 雲は落ち
        時雨降りて 日は暮れぬ
        若し燈のもれ來ずば
        それと分かじ 野邊の里



        1番は水辺の朝、2番は田園の昼、3番は里の夕方が描写されています。


        解釈は様々で良いと思うのですが、日本の美しい冬景色が目に浮かびますよね。



        なんでもそうですが、子供のころにわけもわからずやらされていた事を、大人になって改めて見返すと、とてもおもしろかったり、感動したりするものです。


        小学校の修学旅行で言った京都旅行は、子供ながらに死ぬほどつまらなかったものですが、大人になり一人で訪れた京都は、それはそれは驚きと感動の宝島でした。


        メロディーだけなんとなくしていたこの曲。

        歌は何って言っているかわからないけど、岸の家~という部分だけ拾っては、幼心にご近所の岸さんは、もしかしたら、歌になるような貴族で由緒正しいお宅なのかもしれないと、ひそかに思って観察していました。

        いっつも鼻水カピカピな子供がいましたが、こいつはもしかしたらすごい奴なのかも知れないと。



        さて、続いては季節がら クリスマスソングを。



        「きよしこの夜」





           Kyon official blog     『   アクティ部   』 


        氷川先生 すっごいタイトルのマキシシングル出してるんですね。

        キヨシこの夜~Angel of mine~. って…


        氷川先生 うまいこと言ってらっしゃいますが、


        キョンさんが歌ったのは、賛美歌109番のサーイレンナーイ ホーリーナーイのやつね。



        鉄琴を練習して 叩いたのですが、フルでこのメロディーを。


        まぁ はずしましたが、たくさんの方から、


        「おい キョンのくせにこのままふつうに弾いちゃうわけ?」

        「おいおい ハズすだろ!?落ちが無いなんて?いつはずすんだ?」


        と心の中で思っていたら、やっぱりはずしてくれて、良かった と何人もの方から言われました。


        要望にお応え出来て 光栄です… (涙)




        そして、恒例の(いや もう強引に前回から恒例って事にしました)


        みんなで歌おうのコーナーです。


        もはや、この森のサブタイトルにもなりそうな勢い


        The 歌声喫茶 的な、参加型コーナーです。


        1部でも歌った、「おおきなうた」という輪唱曲を歌いました。


        嬉しいのは、見える限りの全員が歌ってくれた事。

        スタッフさんオーナー含め 全員が。


        「小学生の自分に戻ってください!」とアナウンスすると、不思議と歌声が大きくなるんです。


        大の大人がね、ケロタネット片手に、大合唱ですよ。

        馬鹿馬鹿しいですよね?文章で書くと。


        でもね、馬鹿になる事が大切だと思うんです。キョンさん。


        カッコつけずに、なんか良く分からないけど、「懐かしくね?」「なんか楽しくね?!」そう思える何かをすることが、子供心を思い出させるんですよね。絶対。


        無くしたわけじゃないんです。

        ただ 忘れているだけなんです 子供心って。


        そいつを たまにちょっとくすぐってあげると、心がスポンジのように柔らかくなる


        そんな風にキョンさんはいつも思っています。



        オリジナル表示




        ここで、Huming bird の森のテーマソングを歌いました。

        新曲です。



        パパママがお子さんに歌ってあげられるような子守唄を なんて事を思いながら鼻歌と鍵盤で作った曲ですが、 



        歌詞を書いているときに ハッとしました。



        もしかしたら、キョンさんも、誰かにこんな風に言われたいって思っているんじゃないかって。


        だから こんな風にスラスラと言葉が落ちてきたんじゃないかって。



        4番は特にそうかもしれません。




        もう一度歌詞を 書いてみますね。


        Humming bird



        うれしかったね 楽しかったね おかしかったね 驚いたね
        明日ははもっと 今日よりずっと 笑顔が増える きっとそうなる
        ルルララル ハミングで歌えば
        ルルララル どんな空も晴れるだろう



        悔しかったね 悲しかったね さみしかったね えらかったね

        明日はきっと 今日の涙を乾かす風が きっと吹くはず

        ルルララル ハミングで歌えば

        ルルララル きれいな虹が架かるだろう


        不思議だったね 綺麗だったね おいしかったね 忘れないでね

        明日はきっと 今日よりもっと ワクワクする きっとそうなる

        ルルララル ハミングで歌えば

        ルルララル 思い出は色づくだろう





        不安だったね 怖かったね 苦しかったね がんばったね

        明日はきっと 今日より一歩 前に進める きっとそうなる

        ルルララル ハミングで歌えば

        ルルララル きっと君は笑うだろう



        ルルララル ハミングで歌えば

        ルルララル きっと明日は晴れるだろう









        泣き顔さんがたくさんいましたね。


        どんな風に伝わったのかな?




        さて 

        この流れで、アカペラで歌いました。



           Kyon official blog     『   アクティ部   』  


        Kiroroの「未来へ」


        以前に、大好きなご夫妻の結婚式の場で、サプライズで歌わせていただきました。


        大好きな歌。



        近頃は家族から離れで暮らしているキョンさん


        こうゆう事を思っていて、こうゆうライブをやるのよって話をしたら、自分が暮らしている街からめったに出ることのないキョン母母美恵子さんが、一人でHumming bird の森へ出かけてきてくれて、カフェで会う人会う人に 「本当にキョンがいつもお世話になってますぅ~。わがままな子で迷惑かけてやしないかと~本当にいつもありがとうごあじます~」と、頭を下げていた。


        そんなキョン母が、涙をぬぐっている姿がちらっと見えて、



        なんだかキョンさん 胸が熱くなった。



        なかなか言えない言葉を、音楽っているのはやさしく伝えてくれるから、

        不思議だね。


        涙君 涙さんがたくさんいましたね。

        心の ろ過装置 洗浄できましたか?



        で、最後の曲に選んだのは、これ



           Kyon official blog     『   アクティ部   』  

        笑)ひばりちゃん。


        川の流れのように を、ボサノバ風にアレンジしてもらいました。


        秋元先生の歌詞は、やっぱちょっと素敵かも。



        今回も、ニャン先生のアレンジや、パカパカさんのパーカスはおしゃれでした。

        キョンさんが語る森の意味を理解しようとしてくれて、とっても大事に奏でて下さいます。


        ニャン先生には、今回コーラスもお願いしました。

        キョンさんの気持もぐっと盛り上がり、とっても心地よく歌うことが出来ました。

        ありがとう。


        保育園でブラックジャックやマイケルジャクソンとあだ名をつけられた事、バラしてごめんね。




        今回は、もろもろな諸事情があり、音量や時間配分をちょっと気にしながらのライブでしたが、

        だれよりも、キョンさん自身がとっても楽しかった それが一番の感想です。


        アンコールに オリジナル曲 SMILE~スミレ~ を歌いました。




        キョン母以外の皆さんがアンケートにご協力下さいまして、たくさんのメッセージ読ませていただきました。


        新曲(Humming bird)の音源化を!という声がとても多く、本当に胸が熱くなりました。


        スタッフさんと話し合いをして、次回のHumming bird acoustic live にお届けできるように、CDにしようと言う事になりました。


        皆さんのお気持ちのおかげで、キョンさんもまた、自分なりにおおきな前進の一歩を踏み出そうと思えるようになりました。


        回を重ねる毎に、発見と勉強と感動がいっぱいです。




        お手製ライブなので、毎度毎度あわただしく、お越し下さった方々おひとりおひとりとゆっくりお話をすることができませんでしたが、


        本当に、皆さんにお会いできてうれしかったです。


        師走も押し迫るお忙しい中、足を運んでいただき、本当にありがとうございました。

        オリジナル表示  


        次回は、春に!!


          Humming bird acoustic live Vol.3 2010-11-30 00:00:00
          4件中   1 - 4 件表示 ( 全 1ページ )