アクティ部

twitter

BLOGカテゴリ&サーチ

vol.5

さて。遅くなりましたが、昨日のライブをゆるりと振り返りましょう。

まず始めに。

ご来森下さった皆様

おひとりおひとり、本当にお会い出来て嬉しかったです。

ありがとう。

そして、いつも素敵な場所と美味しいランチBOXをご用意して下さる

cafe Roomer オーナーの是枝さん。

大好きです!本当にどうもありがとうございます。

そしてそして、

ニャン先生、Humming bird スタッフさん


本当にいつもありがとう。

彼らなしでは、本当にこの森は成り立ちません。




お天気も良く、なんだかキョンさんもいつものようなせかせかした緊張もなく目覚めた朝でした。

「ありのまま」このテーマが本当に最近しっくり来ているからでしょうか。

まずは、Humming bird の森の住人がそうでなくては、ご来森下さる方々もそうではいられないでしょう。

そういう意味も込めて、今回のライブが今までで一番…理想に近い空間だったかもしれません。



今回は1部は親子の部、2部は大人の部と分けました。

1部と2部のセットリストを替えて用意していたのですが、キョンさんの気まぐれで1部が終了した後、「2部も1部と同じ事をやりたい」とニャン先生にわがままを言い、今回は1部用に用意していた内容を2部でも行いました。



cafe Roomerには大きなねむの木があり、森の雰囲気を盛り上げてくれていました。

親子の部には今回も芝生色のじゅうたんを用意し、ゴロゴロ出来る空間を作りました。

そして、今回は、「子ども達に楽器を触らせてあげよう」という気持ちが強く、
オリジナル表示
楽器を置いておきました。

さっそく小さな演奏者達は楽しそうに楽器を奏でています。
生まれて初めて楽器の生音に出会うというちびっ子もいましたね。

音楽を好きになってくれたらいいですね。

どうやら手足口病や、ヘルパンギーナ、高熱が流行っているようで、これなかったお友達も何組かいらっしゃったのですが、沢山のお友達が集まってくれました。

まず親子の部では、大型絵本を読みました。

「にじいろのさかな」

オリジナル表示
谷川俊太郎が翻訳した美しい絵と、美しいストーリーで人気の高い絵本です。なんといっても、にじいろのカラフルな魚が、特殊な印刷素材で銀色に光るうろこを輝かせているのが特徴的。

自分が持っている大切なものをみんなに分け与えなさいというメッセージが込められています。にじいろの魚はかしこいタコに、「銀色のうろこをみんなに分け与えなさい」とアドバイスされます。そしてにじいろの魚は大事なうろこを全部失っても、今までになく幸せになるのです。これは、美しくないと幸せになれないと思っていたにじいろの魚には、最初は理解できないことでした。

ん~。大人が読んでも考えさせられる絵本です。


大人の部ではこの絵本を読みました。

あるとき、しましまの黒いねこがいました。ある時は王様の猫となり、ある時は船乗りの猫に、泥棒の、おばあさんの、女の子の…と100万回生まれかわっては、様々な飼い主のもとで死んでいきました。
その時、100万人の飼い主はこのねこの死にひどく悲しみ、泣きじゃくったのですが、飼い主たちがみんな大嫌いだった当のねこは、まったく悲しくありませんでした。
「ねこは、しぬのなんか へいきだったのです。」

そしてある時、しましまの黒いねこは誰のねこでもない のらねことなり、
自分の凄さを自慢しては、メスねこ達にちやほやされて、ボスねこになりました。

ところがある日、ねこは一匹の、きれいな雪のような白いねこに恋をします。黒いしましまのねこは、いままでのように100万回生きたことを自慢したり、得意の宙返りを披露したりして気を引こうとするのですが、白いねこは静かに「そう。」とうなずくだけ。

黒いしましまのねこは、言いました「そばにいてもいいかい。」
白いねこは言いました「ええ。」

そして2匹は一緒になり、たくさんのかわいい子猫が生まれました。

黒いしましまのねこは、はじめて生きるよろこびを感じ、
いつまでも白いねこと一緒にいたいと思っていました。

やがて子猫たちは巣立ってゆき、2匹はお陽さまの下、草むらの上で
一緒にひなたぼっこをする毎日。ずっとこのままでいたいと願うねこ。

でも2匹は老いてゆき、ある日、白いねこは黒いねこに寄りそったまま
冷たく動かなくなっていて、眠ったきり起きることはありませんでした。

黒いしましまのねこははじめて、心の底からかなしいと思いました。
朝になっても昼になっても夜になっても100万回泣き続けました。

そして彼も泣き疲れて、とうとうある日白いねこの隣で動かなくなり、
それきり、生き返ることはなかったのです。


なんど読んでも結末にぐっと来てしまう絵本。


みなさんにはどううつったでしょうか?



余韻を残しながら



耳をすませば から 「カントリーロード」

鉄琴もがんばりました。



オズの魔法使い より「over the rainbow」

ニャン先生に、軽快なちょっと遊び心のあるアレンジに変えて貰いました。



「まあるいいのち」イルカ
誰もがどこかで聞いた事がある曲ではないでしょうか?保険会社のCMかな?
歌詞がとっても素敵なんです。


まあるいいのち

ぼくからみれば小さなカメも
アリからみればきっと
大きなカメかな?

みんな同じ生きているから
一人にひとつづつ大切ないのち

ぼくからみればおきな家も
山の上からみれば
こびとの家みたい

みんな同じ地球の家族
ひとりにひとつづつ大切ないのち

ぼくからみれば東と西も
よその星からみれば
丸くてわかんない

みんな同じ宇宙の仲間
ひとりにひとつづつ 大切な命

二つの手のひら ほほにあてれば
伝わるぬくもり まあるいいのち

二つの手のひら ほほにあてれば
伝わるぬくもり まあるいいのち



(・ω・)/ほっこり。




「時代」中島みゆき

南三陸町に行ってから、ずっと日本の名曲、歌謡曲を聞きあさりました。
中でもこの曲は本当に、心をぐっとつかまれる感じがあります。




今回のランチも大好評でした!





フルーツ、ドリンクもついてます♪




そして今回はキョンさんの思いつきで、物々交換の場所を作りました。


名付けて「Humming bird park」


この公園開放は、強制ではないので、お声がけしてあとはご自由にどうぞ!形式いしたのですが、沢山の方々が絵本をご持参下さいました。
メッセージの栞に

オリジナル表示
直筆でメッセージをご記入頂き、絵本に挟んで頂きます。
ご持参いただいた数だけ、どの絵本をお持ち帰り頂いてもだOKという物々交換のルール。
この写真は1部の途中なのでまだ絵本の数は少ないですが、最終的には、沢山の絵本が集まりました。

parkをご利用の方々同士の会話が聞こえたことがキョンさんはとっても嬉しかったです。


そして、今回は参加できないのですが、Humming bird parkだけでも参加したいと、わざわざ長崎から、絵本を郵送して下さった方まで。
ありがとうございます。
無事に、どなたかの元へ交換されていきました。

残った絵本は、クレヨンハウスのHUG&READ http://hug-read.blogspot.com/ に託し、被災地の子ども達へ届けたいと思っています。


さて。
またキョンさん突然夜中に思いつき、勢いよく作ってしまいました。

ピーチクさんとパーチクさんの雑な物語り。


(笑)

今回は、ちびっ子達にわかりやすく曲を進められたらと思って作ったパネルです。

まず2人が出たったお友達は…

今回は手遊びを用意しました。

本当は保育園児や幼稚園児向けの手遊びです。


んが、


キョンさんチャレンジャーだよね。

大人の部の皆さんとも一緒にやりたくなってしまって




大の大人様が大はしゃぎな映像はこちら!!





だれよりもキョンさんが大はしゃぎ(笑)




お次のお友達は…


オリジナル表示

イエス!アンパンマン!

子ども達はみんなやっぱり好きなのね アンパンマン。

一緒に歌ってくれましたよ。
かわいいね~。



この曲はね、本当は大人様に歌って頂きたい歌だと思うくらいとっても素敵な歌だと思っています。

ということで…


大の大人様の大はしゃぎな映像をご覧下さい!!







何故かキョンさんがミニピアノを弾くと「おー!」という謎の歓声が…


日頃からキョンさんが楽器を弾くと、みなさんを緊張させてしまうので、
申し訳ない気持ちがありますが、申し訳ないですが、
キョンさん楽器が好きになりつつあります。


さてここで

映像にちらちら映っていた アイツ を紹介します。



今回のお土産です。
毎回毎回やる度に、「もう今回で辞めよう。ネタがない」と思うのですが、ライブ直前になってキョンさんの子供心がうずき、思いついてしまう 手作り楽器。


vol.2はヤクルトのケースにお米を入れた「ブタッカス」という名のマラカス。


vol.3は、パウチしたカエルにボタンを貼って合わせるカスタネット 「ケロタネット」

vol.4は紙皿にライオンの顔シールを貼り、クリップを通した鈴をはめたタンバリン 「ガオバリン」

そして今回は、こいつ。

割り箸にパネルを貼ってビーズを通したたこ糸を貼れば…


名付けて、「にゃんでん太鼓」




夜な夜な1人でニヤニヤしながらはさみで切って貼って用意している自分が


結構嫌いじゃないんです。




怪獣凄い!!凄いよ怪獣!!君のキャンパスは無限大!!

次のお友達は

オリジナル表示
嵐!!


「とまどいながら」をちょっとクールダウンで一曲。

ジャニーズには名曲が多いね。


そして

日本の唱歌「夕焼け小焼け」



か~ら~の~


サウンドオブミュージックから

「ドレミのうた」


これも突然思い立って数日前に考え出した。

ちびっ子&パパママにも好評


というか、キョンさんが一番はしゃいでしまいましたが…


今回も大の大人様達の大はしゃぎの模様をどうぞ!











    Humming bird acoustic live vol.5 2011-08-17 17:38:05

    Humming bird acoustic live vol.5 ②

    さて、ライブレポートもラストスパート。

    ドレミの歌でテンションが上がっているところで、

    Humming bird の森恒例の

    「歌声喫茶のコーナーでっす!!」




    今回は、この名曲!
    「明日があるさ」 坂本九
    大きな声を出して歌う

    これって本当に、何よりの薬だと本気で思います。

    しかも、合唱 。

    歌声喫茶とカラオケの違いをうまいこと説明したいのですが、なんと言いますか…


    一度お越し頂き、体験して頂きたい。本当に。





    そうそう!

    今回のライブでは、歌詞カードをご用意し、皆さんにお配りしました。


    ご自宅に帰る前にもしかしたらゴミになってしまうかもとも思ったのですが、少しでも鼻歌の助けになれればと思いまして。

    ありのままがあり得る場所として、liveは、キョンさんの歌をお利口に聴くだけの場所でなくてもいいんじゃないかって、そんな風にも思うのです。

    気分がのったら歌って下さい。
    悲しくなったら泣いて下さい。
    おかしかったら笑って下さい。

    それが「ありのまま」だと思っています。





    そして、オリジナル曲

    「Humming birdのこもりうた」



    親子の部では、パパママにちびっ子を是非お膝に抱っこしてあげて下さいとお話ししました。

    生後5~6ヶ月のベイビーちゃんは、ママのお膝でスヤスヤ眠りにつきましたね。


    そして、少しお話を。



    南三陸町へ足を運び、青空カフェ うたごえ喫茶をしてきた時のお話、
    Humming bird プロジェクトで進めている絵本製作のお話とそしてその想い



    かーらーのー






     
    「peace of my wish」今井美樹


    震災後 沢山のラジオから流れ、被災地の方々を勇気づけた曲だったそうです。









    新曲【キミノカケラ】



    最後に

    「小さな恋のうた」モンゴル800

    をみんなで大合唱をしました。






    ギターを止めて貰ってみんなの声が重なるのを聴いたときは、やっぱり感動しました。


    「ほら あなたにとって大事な人ほどすぐそばにいるの」


    皆さんにはどのように届いたでしょうか?













    ご来森下さったみなさま 本当にありがとうございました。




      Humming bird acoustic live vol.5 2011-08-17 16:20:25
      2件中   1 - 2 件表示 ( 全 1ページ )